読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マダガスカルの食事情

外国で過ごす時に一番気になるのって食事ですよね。

お腹壊したり、ご飯おいしくなかったり、日本食が食いたくなったりみたいな心配は絶えません。

今日はそんな、誰もが気になってしょうがないマダガスカルの食事情についてかこうと思います。

主食なに?

そう、まずはこれですね。マダガスカルの人たちが何を食べてるのなんか皆さん想像つきます?つかないでしょうね。だってそもそも興味ないはずですし。

でも実はマダガスカル人の主食は日本と同じく「米」なんです。いいえ、米なんて乱暴な言い方はよくないですね。「お米」でした、失敬。

そうは言ってもやはり日本米とは違って、どちらかというとタイ米に近いような気がします。気がするというのは、僕がタイ米を食べたことがないので実際には比較しようがないからです。売られているお米にも何種類かあって、正直僕には色以外で区別のしようがないのですが、大きく分けると(僕が勝手に大きく分けただけで正確に何かの基準にのっとているわけではありません)赤い米と白い米の二種類になります。

「赤い米」といっても赤飯のようなものではなく、そのお米を炊飯器に水多めで炊いて日本のおかゆの様な状態でいただきます。これは一般的に家庭で食べられているもので「バリスス」とか「スス」と呼ばれています。ちなむと、「バリ」はマダガスカル語でお米の意味があります。なぜかは知りませんが今のところ白いお米でバリススを食べたことはありません。おかゆには向いてないのかしらん。

f:id:yagiyagi_beam:20160625152008j:plain

この写真は僕が到着した当日のお昼ご飯です。この日は少し豪華になっています。白いご飯の見た目は日本と同じですね。

胃腸の管理が難しい

前回の記事にも書きましたが、とにかくお腹を壊します。ちょっと便が柔らかいな〜なんてのはザラというか、ほぼデフォです。たまに激しくお腹を壊したりもします。僕はこの3ヶ月で2回激しく壊しました。1回目に壊した時にとにかく乳酸菌を善玉菌を腸内に繁殖させようと考えてヨーグルトを毎日のように食べていました。おいしいですしね。科学的に効果があるのかどうかはわかりませんが、気持ちお腹を壊さずに快く過ごせた気がします。ただ、それでも2回目が訪れたってことはもうよくわからないです。ホストファミリーの方にはちゃんとしたレストラン以外では外食しないでと言われましたが、そんなことしてたらいくら物価が安いからといっても、さすがに破産です。学生なめるな。と、妙な反骨精神むき出すと、見事に再度お腹を壊します。

でもね!

ネガティブなイメージばかり書いてきましたが、別に悪く言っているのではありません。そもそも僕はマダガスカルのご飯は好きなんです。さすがにこれは個人差があると思いますが、味が濃い食事が好きな僕にはぴったりです。おかずの味付けが基本的に濃いので、おかずに対するご飯の東南アジア系の食事も伝わっていてフィリピンのバナナ揚げ(正式な名前わからない)みたいなおやつがここでも至る所で売られています。マダガスカルでは「ムファクンジュ」と呼ばれています。「ムファ(=揚げ)」「クンジュ(=バナナ)」です。バナナ揚げです。あまり綺麗ではないお店でも美味しいのでついつい寄っちゃうのですが、使った食器類は水でさっとすすぐだけだったりと、お腹を鍛えるのには最適といった感じです。

日本食は食えるのか

これは日本人にとって非常に重要な問題です。そしてマダガスカル在住の日本人が一番困っていることだと思います。そう、マダガスカルにはないんです、日本食レストランが。ないんです!日本人の方に会う機会があったので訪ねた時にないと仰っていました。そもそも日本人がそんなに多くないのでしょうがないのかなと割り切って、中華料理をよく食べています。中国人の方は本当にたくさんいるので、実際に中国人が厨房に立っている中華レストランもたくさんあります。それが美味しいし、日本と中国なんて距離にして2100kmくらいだからまあいいか、なんて割り切ってますがたまに心の底から日本の食べ物が食べたくなりますね。

ちなみに、僕が今食べたいものは、ラーメンだったり親子丼やカツ丼のお椀の底に溜まる汁だったり厚揚げ豆腐だったりします。ああ恋しい。

 

「食事くらいなんてことないっしょ〜」と侮っていてはいけません。僕も自分では気づいていませんでしたが、知らないところで密かにストレスになったりしてるんですよね。ということで、マダガスカルの美味しいお店の情報を手に入れたら是非教えてください。